志まんノート

喩えるならば、山あいの小さな庵(いおり)のような。そんな、さり気のない日記ページです。
移ろう季節に流されることなく、ただただ灯り続ける、小さな志。
志まん(じまん)ノートは、都会の日記とすこし距離を置いています。

どっこい生きてる2010年03月4日

 一時は仕分けの俎上に上がり、リニューアルタイミングには痕跡も無い状態で、歴史から抹殺される可能性すらあった、この志まんノート。3月4日、本日SR猫柳本線はリニューアルをむかえたわけだが、「あれ、生きてる・・・」。そう、土俵際ぎりぎりでこのコーナーは堪え切ったのである。その代わり、更新頻度をよりアップするようにと念を押された。肝に銘じます。
 ところで、本日の11時から17時までのリニューアル作業中、水面下は修羅場だった。時間の無い中、モグラたたきのごとく現れる修正箇所を、鬼の形相で潰していったものである。もし、いとけない娘が私にいたとしたら、「お母さんの顔、怖い」と泣かれていたに違いない。それほどに、テンパり過ぎた私の顔には、険があったと思われる。
 とにもかくにも、SR猫柳本線は装いも新たにスタートした。東京事変がたいへん活発なこのタイミングに全面改装をむかえられたことは、非常な誇りであります。これからも、SR猫柳本線をどうぞよろしくお願いします。志まんノートのほうも、少しく頑張ります。

若人よ、もっと叫べ!2010年02月25日

 東京事変のニューアルバム「スポーツ」が、昨日ついにリリースとなった。伸長著しい、某ツイッターなるものでは、本作のリリース情報やら感想やらのつぶやきが駆け巡っているとも聞く。凄い時代になったものだ。
 ところで、姉妹サイトであるSR猫柳本線ポケット。そこでご利用いただける待受けFLASH「東京事変マーマーマラソンFLASH」、こちらも“つぶやき”をフィーチャーしている。“マーマー”とはつぶやきを意味し、待受け画面を走る「マーマーランナー」というキャラクターが毎日異なるつぶやきを吐く。言ってみれば他愛もないものなのだが、日に1回はつぶやきを覗かずにはいられない、そういう作用がある。
 あらためて、時代はつぶやきか。ただどうも姿勢として、若干うじうじしているようにも思える。もっと堂々と、ときには拡声器でアジテートすべきではないのか。もはや壮士の季節ではないのだな。・・・これもつぶやきか。

水面下でバサロ的な2010年02月24日

 前稿でも触れたが、昨年来SR猫柳本線のリニューアル準備を進めてきている。進捗状況も、いよいよ終盤。ということで、事務所に林檎さん来訪の折、リニューアルのサイトの雰囲気を確認してもらった。「すごくいい感じ」とまずは上々な感想を頂戴した。ほっと一安心。あとは、現行サイトから首尾よくリニューアルを遂げること。ご利用の皆様に早く生まれ変わった猫柳をご提示したい。
 ニューアルバム「スポーツ」、DVD「Spa & Treatment」、そしてツアー「ウルトラ C」と、東京事変の勢いが最高潮のいまこのとき。猫柳がそこを外してなるものか。リニューアル準備、ただいま大詰めをむかえております。